薬剤師の転職の注意点、求人の確認点

積極的に条件の確認はしておいた方が良い

まず、注意点としては掲載されている求人の条件が必ずしもその通りではなく、必ず条件面をよく確認して置かなければならないということでした。
多少の相違があるのは仕方がないにしても、大きく内容が異なるということも決して珍しいものではないようだったので必ず確認をする必要があるということだったのです。
条件面を厳しく突っ込むというのは、余程自分の実力がないとやりにくいような気もしましたが、待遇向上のために転職活動をするわけですからその点の確認は絶対に必要なのかと思ってしまいました。
それ以外にもすべての条件が記載されているわけではありませんから、気になる部分は必ず面接があるいは事前に連絡をして確認をしておくことが大切だとわかりました。
こちらから要求しすぎれば採用が難しくなってしまう不安があると行っても、妥協して選ぶぐらいなら転職をする意味もありませんからそれを考えるとある程度自分の主張は通すのが転職成功の鍵だということも知ったので、とにかく妥協はしないことにしました。
妥協をしなかったこともあって、なかなか採用は決まらずこちらが細かな条件の確認をすると困惑するようなところもあって、そのようなところは不採用になってしまったわけですが、元から縁がなかったということで割り切ることにしました実際、まともな求人の場合には条件の確認をしっかりしてくれることができますし、今働いている職場も細かい部分まできっちり話し合ってもらうことができ、気になる点を事細かに説明をしてくれましたから聞いたことをはっきり答えてくれないところは、不採用であったとしても納得して働くことができるわけではありませんから、むしろ不採用で好都合と考えていたほうが良いように思います。
薬剤師として転職をする場合より良い待遇を求めて転職をするひとが多いわけですから、しっかりしたところは条件面のことなどをはっきりと教えてくれますし丁寧な対応をしてくれます。
それをしてくれないところというのは、結局転職をしてもどこかで不満が出る可能性の高いところですからそのようなところを見極めるときにも積極的に条件の確認はしておいた方が良いように思います。
入った後で、全然条件が違ったなんてなっても大変ですしね。

転職をするにあたって気を付けること | 積極的に条件の確認はしておいた方が良い